タイ国イサーン地方サコンナコン県便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 第81弾 人生とは 人の一生。 一生とは、ただ一回きりの生である。

<<   作成日時 : 2014/11/15 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<ブログ再開の事>
本年2014年(平成26年)に入って、本格的にFBを開始しました。
これまでに相当多くの事柄を書き込みました。
結果、長きに亘って本ブログの投稿が出来ずにいました。
本日2014年11月15日より、本ブログを再スタートさせて頂きます。

私のようなモノのブログでも、
気に入って頂いている方も おられるやも知れません。
そのような大切なお方には、
申し訳ありませんでしたと言わせて頂きます。
何卒、ご了解の程、宜しくお願い申し上げます。

FBは相当に便利ですが、
色々と多くの事を書くと、
肝心なポイント部分、いわゆる 的 になかなか到達しません。

FBも相当なエネルギーと時間が必要となります。
これまでにFB内に書き留めた事の中から
当ブログに発表して行くスタイルをスタートさせて頂きます。


上記写真は、私が日本語を教えたタイ人若者

第81弾 人生とは 人の一生。一生とは、ただ一度きりの生である。
「一度いちど きりの 生せい」 140722
生いきる とは、
オリジナルな
たった一つの☆である自分自身じぶんじしん を みつめ、
問といかけつづける 一生いっしょう である。

一生いっしょうという 漢字かんじ を 唯々ただただ ひたすらに 見つめる。
「一度いちど きりの 生せい」

この世よ で われわれが 求もと められている事こと。
人ひと の 人生じんせい とは 一体いったい 何なんなのか? 
時間じかん を費つい やして 何かなにか を 為なす こと である。
誰だれ にも 等ひと しく 与あたえられている 
時間じかん・時とき。時とき の 大切たいせつさ を 真剣しんけん に 感かん ずる 事こと。

ソレが 出来できれば、
勤勉きんべん 勤労きんろう 周まわりの 人ひと の 大切たいせつ さ が 分かり、
少すこしは 謙虚けんきょな 寛容かんような 人間にんげん になれる だろう。

自分じぶん が学まなびたい こと。
自分が 楽たのしい と 思おもえる 事、
それが 誰だれ にでも 出来できる ように 
創造主そうぞうしゅ から 私達わたしたちは、
命いのち というモノ を 与あた えられた。

時とき と 人と そして 自分じぶん を 
もっと もっと もっと 大切たいせつに・・・♡  140722


<本ブログ投稿に際して、今回追加記述>
この世に生きる意味を 適当に考えて、
粗末に扱う事が多い者ほど
無残な 淋しい 人生結果が、確実に 待っている。

子供の頃から、この事が、 
他の人よりハッキリと分かっていれば、
ミンナ ステキな人生を送る事が 出来るようになるのだが・・・

コレが、親や教師や先輩や親友から何度聞いたとしても
実感を 伴って、 
確かな 覆すことの出来ない 真実として
我が身で 吸収し、そして実践する事は、誠に容易な事ではない。

生の真っただ中にいる  若い時には、
死ぬことの恐怖とその意味が 到底分からない。
おごり 高ぶり の 世界の中に生きているからである。

余命いくばくかどうかは、
私にもわからないが、分かっている事。
到底あと30年もイヤ20年だって無理かも知れない。

そういう年齢を迎えた今でも、
感動や発見やロマンの心が、 
今なお失せずに 
我が存在に 共に有る 事を 知った。

それどころか、今なお 新しい感動が 日々あるのである。
その事を知って、私自身が私に対して驚いている。

若い時に 見えなかった 見落としていたものに 
今は、感動出来る。
現在の年齢に達して 
初めて知った
私の感性の表れと広がりに 
自分自身が、驚いている毎日 である。

幸せな気持ちを味わう事が出来て、
創造主・両親・ご先祖様そしてこの世に 感謝している・・・   141115

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第81弾 人生とは 人の一生。 一生とは、ただ一回きりの生である。 タイ国イサーン地方サコンナコン県便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる