タイ国イサーン地方サコンナコン県便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 第71弾:言葉使用の使い分けが難しいタイ語:タンジャイ と パヤヤーム

<<   作成日時 : 2013/03/30 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


一生懸命心を込め、 努力して励む)その意味とは?
この問いの答えとして、
下記のThemeを表記し、
関連YouChubeを埋め込み致しました。
 △心を込めて、感情を込めて 歌っている不世出の歌姫 美空ひばり
  ▼矢沢栄吉 語録
   ▲月光仮面は誰でしょう

<言葉使用の使い分けが難しい:タンジャイ と パヤヤーム>  
タン・ジャイ with a genuine(sincere) heart
ตั้ง ใจ

パヤ・ヤーム work hard
พยา ยาม

ことは使用の使い分け(ちがい)

<基本的な大雑把な捉え方 Principal General Idea>
タンジャイ:タン=立てるstand、establish設立する ジャイは心
タンジャイ=意図する、決心する(デイリー日タイ英辞書)
           =志す(日タイポケット辞典TLS)
このような訳が載っているが、
      
実際頻繁使用は、以下のようになる。
     「タンジャイ リィエン(ノォイ)ナカップ」=「一生懸命勉強して下さいネ〜」
       心を込めて、真剣に
      
 ※ 真面目に)
     ※このMajime ni という言い方は、
      日本人が頻繁に使う言い方であるが、
      タイ人への説明には、ハッキリ言って使用禁止である。
      その理由は、マ・ジ・メェ(タイ人には、お母さんの意味の[メー]が浮かぶ)
      この意味は、mother fucker のようになるらしい。
      よって、日本人がよく使う「真面目」は、タイでは言ってはならない。
      置き換え発話武器を使う。
      ジャイトロン・トロン(心を真っ直ぐ、まっすぐ)とか、
      ジャイスゥッースゥー (ファイティンspirit を持って)頑張って、頑張って
     
<興味を引くタンのおまけ説明>
     以下は、この言葉を使って子供から現実に注意された経験による。
「自転車のstannd〜、 立ってますヨ〜」は、 「カァー・タング!」と言う。
      自転車のスタンドは脚と言う。
      脚はカァーなので、
      この脚カァーが主語位置に来て、
      「カァー・タング!」と言う。「母さん〜」のように聞こえて面白い。

パヤヤーム:励む
      態度の様とその姿勢及び
      目標未来に向かう態度
      それは、
      頑張ること、努力すること
      に他ならない。
      自らの未来に向かって、
      頑張って努力する姿勢

<My Selection感動Singer埋め込みYouChube歌G>
△美空ひばり35周年記念 
悲しい酒・ひとりぼっち・ある女の唄

心を込めて、感情を込めて 歌っている
その姿とその人自身に、
自然と感動して来る。
それは、真っ直ぐな、素直な心からしか
発露して来ない。

心を込めて(歌を)歌う
:タンジャイローン(プレーン)
心を込めて 心=ジャイ 心を 立てる(→込める タァン)
       タン・ジャイ(心を(真っ直ぐに)立てる)
一生懸命に 勉強する=→タンジャイ リィエン
    真剣に 聞く=→タンジャイ ファン
    真剣に する=→タンジャイ タム
    真剣に 働く=→タンジャイ タム ンガァーン
タンジャイとは、
      真剣に、
      心を込めて
      物事に取り組む姿勢(態度)action
       そのもの を表わす。

=パヤヤーム=努力する→=励む
   =(目標に向かって)頑張って、
                  勉強する
                  働く態度、様子

一生懸命に=→頑張って:ヤーン スット クワームサーマァーット(能力)
            かのごとく 出し切る  能力を
            With all one’s might   
            By using one’s all abilities
            
             スット 終わる   
             スッ(ト)ターイ 最後に

「凄―い!」は、
タイ語で「スッ(ト)ヨォート」
            スッ(ト)ヨォート 最高の、トップの
            感情を込めて大きい声で叫ぶと 
         にほんごの
            「スッゴ−イ!」を発音する時と同じ感じで
            「スッ(ト)ヨォート」と発音すると
             全く同じ意味の言い方となる。
            この説明は、全てのタイ人の興味を大いに引く。

<日本人は「スーサット正直な」人達である>
日本で不法就労者であった タイ人の知り合いが、
日本に行って、日本人の価値を
実際に知った。

私達タイ人は、
日本人を見習う必要がある。
日本人は
「コン」「スゥーサット」=「正直な」「ひと」 である。
คน ซื่อสัตย์
(心真っ直ぐに、取り組む様子、性格)=真面目だ
キィーキィアット(怠け考え)の
タイ人であっても、
正しくあるべきものとは何なのか?、
に対しての正しい考え方を
持っている。


▼<矢沢栄吉>:「やる奴はやる、やらない奴はやらない。」
           (いつの時代にも、やる奴は必ず出て来る:矢沢栄吉)

この世の誰もが、シンドイ事など、やりたくない。
もし、やらなくていいのなら、Musicなど聞きながら、
只ボーッと
惰眠を貪っていたい。
しかし、
怠惰からは、
何も創造出来ない、何の足跡も残せない、残らない。

足跡とはこの世に生きた証しである。
己のオリジナルな目標に向かって、
敢えて
苦しいシンドイ事を
しようとする人達がいる。
それは、全ての人間ではない。
存在や能力に価値があるのではなく、
した事、為した事にこそ、
この儚き世において
意味があるのだ。

正しいとされて来た
実は
正しくない事を
証明し、
真の真理を叫び、打ち立てる為には、
迫害覚悟の信念が
要る。

自らに及ぶリスクを
恐れながらも、
信念の為に
勇敢に戦った
数少ない人達によって、
この世の真理は、正しく塗り替えられて来たのである。

彼らは、
いずれの世にも
いずこの国にも
存在して来た。

人間は、如何ようにも生きられる。
向かうも勝手、
逃げるも勝手
であるかも知れない。
しかし、
敢えて苦しい道を歩んだ
立派な
師範達が
いつの世にも
いずこの場所にも
存在して来た。
◇この世の空手御大(頂点に登りつめられた大きな人)の明らかな一人
 林輝夫師範のUSAでの武器使用演武(鎌、トンファ)(鎖鎌が得意であられた。)

御大があって弟子が昴の道を進んでいる。
▽現在空手女子の彗星:稲垣Hiromi


儚い一個人が為した、
多くの恩恵に
触れる時、
人の世の希望の明かりの灯火が見える。
人にしか出来ない、
人として生きる
価値と意味がそこには存在している。
感動と尊敬の
有難さで
我が心は一杯になる。

非力で  
能力の足りない 
自分ではあるが、
私なりに努力すべきものと
戒めながら、
何故この場所であるのか、
その意味も分からないまま、
この地にて
生きている・・・


どこの誰かは知
らないけれど・・・
子供時代、心ときめかした
私達の時代のHero「月光仮面」そのTV主題歌
▲「月光仮面は誰でしょう」

今見ると
大いに幼稚である。
しかし、バッサリと切り捨てる事など出来ない、
大きな価値を有している。
正義とロマンの男の道が
そこには示されている。
男の生きるバイブル「月光仮面は誰でしょう?」
を埋め込み致しました。

<今回ブログまでに発表して来たMy Selection感動Singer>
66弾=バードトンチャイ:Thai for Japan (東北大震災の復興を願い、日本を励ます歌)
67弾=谷村 新司:昴
68弾=矢沢 栄吉:アリよさらば
    石原裕次郎:花の散りぎわ(浅丘ルリ子出演Movie Scene)
69弾=谷村 新司:陽はまた昇る
    オーケストラ:天空の星 ラピュタ 君をのせて 
    井上あずみ:天空の星 ラピュタ 君をのせて 
70弾=小林  旭 :私もいろいろありました
71弾=美空ひばり:悲しい酒
(35周年リサイタル:ひとりぼっち、ある女の詩       
71弾=近藤よし子:月光仮面は誰でしょう

ブログアップ:2013.03.30(土)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第71弾:言葉使用の使い分けが難しいタイ語:タンジャイ と パヤヤーム タイ国イサーン地方サコンナコン県便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる