タイ国イサーン地方サコンナコン県便り

アクセスカウンタ

zoom RSS < ブログ48弾:タイ食堂のメニュー看板を解剖する >その2弾@

<<   作成日時 : 2010/11/29 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

< ブログ48弾:タイ食堂のメニュー看板を解剖する >その2弾@
 タイ食堂メニュー看板の解剖及び、タイ語理解の基本を書き加えた。
 ブログTheme:タイ語
         日本語教師
日本の未来の為に:
「 他の国の言語を話す時、
人は自己変身と自己発展の大きな舞台に立っている 」
「「宝のような人」に巡り会い探し出す自らの努力と運 」

画像


画像


画像


ผัดไทย หอยทอด
@ パッ タァイ     ホォイ トォーット
炒める タイ      貝    油で揚げる

パッ・タァイ(料理名パッタイ) 
カタカナ表記でタァイと書いた訳
泰国、タイを表すタイはタァイと有気音で発音する。
この有気音とは、息の吐き出しを伴った発音である。
これが出来なければタイ語は伝わらない。
タイをタァイとカタカナ表記した意図は、正にこの点にある。
    
食事に訪れた店で、
「パッ・タァイ「を
「パッタイ」のように発音しても、当然通じるハズである。
他に聞き間違い易いタイ語が無い為である。

パッ・タァイと間に点を表記したのにも意図がある。
タイ語は、「メリハリ」 が大切な言語である。
ペラペラと適当に喋っているように、日本人にはどうしても聞こえる。
しかし、良く聞いていれば、
タイ語には音のメリハリが有る事が分かるであろう。

パッとタァイの間に発声休止を置けば、
見違える程発音が良くなる。
タァイの有気音発声の完璧化まで呼び入れる事の出来る
オマケまで付いて来る。

    次に述べるホォイ・トォーツトの発音は、
パッ・タァイほど簡単なものではない。

< タイ語の最大特徴:末子音 >
タイ語には、末子音というのがある。
音節の最後に来る子音の事で、
この数は8種類もある。
その最大代表が、
t音(とぉーっト=フライの最後のt音)とm音(だム=黒)である。
  これが出来ないと、タイ語とはならない。
末子音をキッチリとアクションする事が正しいのであるが、
人によってはそれ程忠実に、発声アクションをしない人もいる。
綺麗な日本語を話す日本人がいるように、
キレイなタイ語を話すタイ人もいる。

私の同僚A先生は、
ナイスなタイ語を発音する人で、
私はその点を大いに気に入っている。
タイ語発音がキッチリとしている、
正統タイ語の実物見本のような人である。
彼女の末子音発声の忠実性に、
心が引かれ(It was so impressive for me.)、
しばし眺めていた事がある。

末子音をしっかりとアクションすると表現したのは、
音としてしっかりと聞こえないのに、
口を中心とした発声に伴うアクション表情を
しっかり保持しているという意味である。
私が、
このようにしか表現出来得ない事が理解出来る人は、
末子音の何たるかが、既に分かっている人である。

<「宝のような人」に巡り合う自らの努力と自らの運 >
このような人(綺麗な母語を話す人)は、実は意外と少ない。
歌手のように歌えない人が、
この世の大方である状態と
よく似ていると考えれば分かり易い。
正統タイ語をキッチリと話し、
しかも音声も綺麗な人を
是非とも友達にする必要がある。

人生を送る上で肝要な事は、
宝のような人を探す自らの努力と自らの運である。
綺麗なシッカリとした空手形が出来る師範に学べば、
美しい形が出来るようになる。
歌の上手な人を友に持てば、音痴状態から少しは脱却出来る?。
正統タイ語母語を話すタイ人の友が間近にいれば、
日本人であっても相当タイ人に近いタイ語発音が出来るようになる。

< 末子音のアクション動作とは? >
トォーと有気音で下降発声した後に、ットと言うつもりで発音する。
  このットのッは音にならず、最後のトも音にはしないのである。
  最後のトの口の形だけは維持し続けなければならない。
  (これが、最大重要ポイントである)
  
トの口を最後まで維持しながら、
しかもそのトは音としては発しないのである。
この一連の発声アクションの中でもう一つ重要な要素がある。
急激に音をストップさせるのである。
(英語ではsuddenly stopping soundと表現すれば分かり易い)
 
しかし、この「音として発しないト」は、
タイ人には「微かな音」として聞こえ、
  音の識別作業に役立っているのである。
  これが、日本人タイ語学習者の最初の大きな壁である。
末子音とは、微かに聞こえる?音(a sound without making a voice)である。
この末子音については、
使えるタイ語初級編桜井道人氏(Westell)
が分り易く説明されているので、ご参照下さい。

< 末子音t音を含む「トォーット」(油で揚げる)の発声アクションのまとめ >
音を降下させながら、  トォー
音を急激ストップさせ、   ッ
音として発声せずに、    ト
しかもその発声アクションの顔の表情は、
シッカリとKeep する。

貝の鉄板焼き=ホォイ・トォーット
さかなフライ=プラ・トォーット
(タイ語を聞き慣れない最初の内は、パァ・トォーと言っているように聞こえる)
の発音を
タイ人友人にリクエストし、
その発音の様子をジックリ観察して下さい。

< 他の言語を話す時、人は自己変身と自己発展の大きな舞台に立っている >
こんな末子音など日本語には存在しない。
よってすこぶる難しい。
  発音の際の恥ずかしい気持ちを捨て去らないと、
この末子音は出来ない。
タイ語は、日本人にとって恥ずかしさを伴った?言語である。
口を大きく広げたり、横に広げたり、
時にはキスのような口の形までしないといけない。

日本人が他の国の言語をモノに使用とする時、
大切なのは、 「堂々と喋る態度」 である。
その国で生まれ育った人間ではないので、
その国の人間のような発音はそもそも出来ない。
しかし、近づいた発音をする事は出来る。
その近づき度合いの高さが、言葉の流暢さとなって行く。

「タイ語を話す事は面白い。」
と思えるようにならないと、いっさい上達はしない。
恥ずかしさを取り払わないといけない。
相手が聞いてくれる態度を引き出す程度に、
あなたのidentityを主張・発揮しなければ、
およそどこの国の言語も使いこなせない。
自己のidentityを持って堂々としゃべらなければ、通じない。
他の国の言語を他の国に行って実際に話してみる事は、スゴイ経験である。
人間性を変えるほどの、自己の変身を必要とするからである。

単に語学を学んでいるだけでは、このような自己変身の発見は無い
他の言語を実際に話す事は、
空手の組み手の試合と同じく真剣勝負なのである。
もたもたしていれば、ケガをする。
うかうかしていれば、にげられる。
よわよわしていれば、付け入られる。

自己の発揮無しに、一切が前に進まない。
他の言語を実際に使用すれば、
大きな自己変身と自己発展を
否が応でも、自らが知る事が出来る。

この自分自身への見つめ・発見・自己の確認こそが、
言語学習の大きな大きな財産である。
語学の本で、この事実に触れている事は先づ無い。
語学の本は言語説明そのものが本旨であるから、
ある意味、これは仕方が無い。

学校の英語の先生は、
英語使用の友達を必ず有して、
生徒達の前に彼らを招待し(visitors session)、
英語使用の組み手の機会を与えないといけない。
これにより、生徒達は大きな発見と自信を獲得出来る事は明々白々である。
言語使用は単なる言語学習を遥かに超え、
「自己変革」の大きな情操教育の位置へと駆け昇る。
この一点を重大視している教師こそが、立派な価値ある先生である。

< タイ語では、形容詞が非修飾語の後に来る=日本語・英語と反対の位置 >
タイ語の最大特徴の一つに、
形容詞や形容詞的性質の言葉は、日本語や英語と異なり名詞の後に来る。
 (タイ人日本語学習初心者がたびたび犯す過ち=おばあさんorおかあさんの妻
  の誤りの出所は、この形容詞位置の後置にある。)
そうすると、タイ代表料理名パッ・タァイは、
「タイを炒めたもの」という事になる。
ある意味面白い言い方であり、チョット唸ってしまう。

パッ・タァイが、  タイ風焼きソバ  なら、
ホイ・トォーットは、貝入りお好み焼き である。
貝は虫や砂が入っていやすいので、
火を良く通してくれる衛生観念を確かに有した料理人の店で、
食べないといけない。
衛生観念を有した料理人であるかどうかの判定は、
その料理人の人間性をある程度観察・判定したのちに注文する事。
初めての店では大勢の食事客で賑わっている店を選べば、
間違いが少ない事であろう。

画像


ポッチリをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

17Nov2010・26 Nov2010・27 Nov2010・28 Nov2010
アップロード:2010年11月29日(月)







Talk Now! 24 はじめてのタイ語
インフィニシス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Talk Now! 24 はじめてのタイ語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

英語のリスニングは発音力で決まる!UDA式30音練習帳(書籍+CD)(ジャパンタイムズ刊)
英語伝
一緒に学ぶと更に効果的!UDA式発音シリーズUDA式30音トレーニングUDA式30音英語リズムUDA

楽天市場 by 英語のリスニングは発音力で決まる!UDA式30音練習帳(書籍+CD)(ジャパンタイムズ刊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
< ブログ48弾:タイ食堂のメニュー看板を解剖する >その2弾@ タイ国イサーン地方サコンナコン県便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる