タイ国イサーン地方サコンナコン県便り

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ45弾:出安居・後期スタート・ロイグラトゥン・日本の未来のためにパレードを実施しよう!

<<   作成日時 : 2010/10/28 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログ45弾:出安居・後期スタート・ロイグラトゥン・日本の未来のために
○オークパンサー(=安居明け・出安居10月23日土曜祭日)となった
◎11月1日(月)から、後期2学期(=タイは2学期制)がスタートする
来月11月21日は、タイ全土で「ロイグラトゥン祭りだ!」

◆「このタイ語単語集は使える<This time Blog Theme>:
日本の未来のために、
みんなで作り、協力し、楽しめる
「みんなの大型パレード」を実施しよう!


画像

画像

画像

(写真掲載前半)
@「このタイ語単語集は使える!」
A近くの幼稚園保育所の生徒募集宣伝ポスター
B算数コンテスト韓国開催ポスター(我が勤務小学校での掲示)遠景
C算数コンテスト韓国開催ポスター(我が勤務小学校での掲示)近景


<ブログ44弾>
<南国タイにも寒い日がある>
<タイの北部=特に東北部イサーン地方、北部チェンマイ>
オークパンサーを迎えるころ、 不思議と 雨が止む(=雨季の終了)。

そしてまもなく、短い冬がやって来る。
冬と言っても、来年1月、2月辺りの合計約7日間程が、
朝晩寒くなるだけである。
(ヒンヤリとした感じなのではあるが、勿論寒さで口がカタカタ震える程ではない)
こんなに寒い日がタイに存在する事には、
ここタイで生活するまでは、分からなかった。
シャワー(水浴び)がツライ季節が、もうすぐやって来る(ハックション!)。
このようなタイの寒さについては、他の日本人ブロガーも色々と語られています。

来る日も来る日も、寒い日が1週間続くという意味ではない。
寒い日は、2、3日程続くだけで、結構暑い日も冬季にはある。
タイの基本は、暑い。
しかし、この例外が寒いである。
寒い(=ナァーウ)寒い(=ナァーウ)と2回発するのがタイ語らしい言い方である。
このあたりは、日本語とよく似た言語表現である。

本当に寒い日の第1弾訪タイは、決まっていつも大晦日の日である。
毎年大晦日は、タイ人も各家庭、各店の外で大晦日パーティーをする人が多い。
新年を祝う気持ちは、タイ人にもある。
私は、例年大晦日を友達の家や店で一緒に祝う。
大晦日の夜は相当に冷え込む。
長シャツとジャンパーを着ていても、相当に寒い。
更に一枚着込まないと寒さが止まらない。
15度近くまで温度が下がったのではないかと感じた
実際の温度は、18度位である。
もちろん、10度を下回る事など当たり前のごとく、1度も無い。

<何故寒く感じるのか?><寒暖差と風>
タイ語にも冬という言葉があり、
冬期(=ルドゥー・ナァーウ)という言葉もある。
しかし、これらの言葉を実際に使用する事はあまりない。
冬期であっても、タイなので基本的に暑いのである。
その為、冬という言葉の使用が避けられる。
よって冬期と呼ばずに、乾季と呼ぶ人の方が多い。

昼間が相当暑くて、その寒暖差が関係している。
いわゆる体感温度というやつだ。
温度が20度を下回り10度台に突入すると、やはり寒くなったと感じられる。
その日の昼間との寒暖さや、昨日の暑さとの寒暖さが、
「寒いネ。」「寒くなったネ。」という言葉表現を生む。
寒く感じて、思わず口を発してしまうのだ。
実際、寒いと感じる。
寒くなったと感じた頃、早朝に市場に出かけると良い。
多くのタイ人の売り子達が一張羅のコートを羽織っている光景に出会う事は間違いない。
一度この写真を何とかして撮りたいものだと思っている。
南国?タイの変わった風景である。

<勢力の強い寒気団の最後の吹き散らしが、イサーンを吹き抜ける>
地球北部(=ロシア)からの寒気団は、中国・ベトナム・ラオスを南下して来る。
寒気団の張り出しである。

イサーン地方において、肌寒く感じられるのは何故か?
寒気団の張り出し状態を地図上で表わせば、
寒気団南下張り出しの絵は、舌状(tongue)になる。
一部分方向が突出した張り出し(一定のラインの張り出しとはならない)、
南方向に降りて来た張り出し(=寒気団の南下))の突出部分が、
イサーンの田園にやって来るのである。

地球北部で発生した寒気団の最終末端寒気なのである。冷たい風を必ず伴う。
寒気団の末端部分が 「冷たい風」 となって、
山の無いイサーンの田畑を、冷たい風が吹きぬけるのだ。
木枯らしのような風の最後の散り行く舞台がここイサーン地方なのである。
寒気団の最後のアガキとも言えるモノが、このイサーンを吹き抜ける。

よって、この寒気の風が、ここからさらに南方700キロのバンコクにまで
吹きぬける事は無い。


◆「このタイ語単語集は使える!」
タイトル:「場面で役立つ使えるタイ語」単語集泰日経済技術振興協会編(ソーソートー)
本の内容:「場面で役立つ使えるタイ語1」& 「場面で役立つ使えるタイ語2」の2冊
に掲載したタイ語単語を
     整理まとめた単語集である。
本の特徴:パート1 日泰 語彙総数 1084
             あ54 い32 う24 え13 お45
             か68 き35 く25 け24 こ75
さ30 し103す28 せ22 そ21
             た40 ち20 つ17 て39 と41
             な19 に12 ぬ 2 ね 9 の 8
             は48 ひ31 ふ21 へ 9 ほ14
             ま23 み16 む 9 め11 も13
             や16     ゆ11 よ17
             ら 7 り12 る 0 れ 5 ろ 2
             わ13
            合計 1084
     パート2 泰日 語彙総数        合計 1177
パート3 カテゴリー別単語集
          1食材 2果物 3服飾品・装飾品 4宝石・貴金属品 5店
6類別詞 7花 8食べ物(ご飯類麺類) 9家電製品 10浴室
11オフィス用品 12時刻 13時を表す言葉 14乗り物 15症状・病気16身体 17家具 18公共施 19形容詞20スポーツ・趣味
21日・月・年 22タイの祝祭日23動物24台所用品25調味料
26職業 27色 28親族 29感情を表す言葉 30数字 31動詞
32位置を表す言葉 33いろいろな場面でよく使われる表現

この単語集は、
ある一定レベルのタイ語基礎単語(約1000)が既に分かっており、
日常会話もそれなりにこなせるレベルとなった、
言わば初級卒業レベルのタイ語学習者が、
その記憶と理解をさらに強固肉付けしようとする時、とても有効である。

私は、もっぱらこの本を使用して、タイ語表記を習熟しようとしている。

語学の学習は、「一に暗記、二に暗記である。」ことは、誰もが承知している。
他の言語を学ぼうとする時、あらゆる人間と接し、話す事が肝要である。
他の言語を修得しようとする時、テキストは色々とあったほうがいい。

しかし凡人にとって、分かっちゃいても「飽きる」のが学習というものである。
様々な語彙を手に入れても、それを正確に運用出来る力が求められる。
人に教える事が出来るレベルは、
自らが主体的に言語使用出来る能力を体得済みの証明となる。

言葉の表現には、様々なバリエーションがある。
どんな場合にどんな表現を使えば、よりベターなのか?
そしてベストアンサーとは一体何か?
これを獲得していこうと努める道が、言語の学習である。

本は色々とあった方がいいとは書いたが、
使える有用な部分だけ使いましょうという意味である。
ある本の全てのページが、有用ではない。
学習レベルが上がって行くに従い、本の優劣が分かってくるレベルとなる。

この本の完成度から来る満足度は高い。
携帯にも便利であり、価格も相当reasonable(=150バーツ)である。

 カテゴリー別単語集をも備えたこの本は、相当な有益性を確保しただけでなく、
 パート1パート2の単調な学習からのナイスな息抜きともなっている。
パート3は、ともすれば附録的な位置に終わってしまいがちである。
巻末の色んな場面で使われる表現。
本書が日本人の為のタイ語学習書である事を意識して、
日本人にとっての会話表現というポイントを大きく意識した、
立派なタイ語への置き換え・これ以上無いという程の精度の高い翻訳となっている。
このまま丸暗記しても、日本人タイ人双方にとって無理の無い適訳となっている。

これは、なかなかGood な本である。

基本が最も大切である。この基本がフラフラしている本は悪書とも言える。
ほんの最近までは、
タイ人の為の日本語、日本人の為のタイ語の本の記述レベルは低かった。
ここ4,5年で、この状況は大きく塗り替えられて来ている。
今日の学習者は、
精度の高くなったタイ語テキストの登場という恵まれた環境にいる事を、
心の隅にとどめて置くべきである。

タイ語理解レベルの高き日本人(勿論、同時に日本語理解レベルの高き日本人でもある)
日本語理解レベルの高きタイ人(勿論、同時にタイ語理解レベルの高きタイ人でもある)
黒帯師範レベルの両者の連携があって、始めて良い本が出来上がる。
ソーソートーは、
確かな“タイ語道場”及び“日本語道場”の道を探求し、
相当確かなcredit を既に獲得済みである。

<This time Blog Theme>:日本の未来のために、
みんなで作り、協力し、楽しめる
「みんなの大型パレード」を実施しよう!

「10月22日開催のロウの祭りパレードのおまけ写真4枚」
(最下段はオカマちゃん達です。
日本もオカマちゃんが堂々と生きられる世の中に変わらないとイケナイかな?)
画像

画像
画像
画像


<This time Blog Theme>:日本の未来のために、
みんなで作り、協力し、楽しめる
「みんなの大型パレード」を実施しよう!
その意味と目的:
ブログ42弾記載引用
民族衣装やローカル衣装に身をまとって元気に行進する人々を見る事は、
見ている人達に‘人として生きている事の意味と生きる活力’を与える。
歴史と人に対する想いが、幾重にも胸中にオーバーラップしてくる。
Vigour活力・Feeling感じ・Imagination想像・Ideaものの考え方・Heartこころ
私達のつらい生活を
つかのまの間、忘れさせてくれ、新たな活力を与えてくれるのが「パレード」である。

日本にもパレードはあるが、交通渋滞回避の要因等もあってか、極めて少ない数だと思う。
タイでは、小学校から大学までに渡る学校の生徒達が頻繁にパレードをする。

これは、地域の人達と児童・生徒達との心の絆を高め、
確保し、発展化する大きな働きを持っています。
日本で、もっともっと盛んに行なわれるべきモノがパレードだと思います。

タイでよく行なわれるパレードの一つに、
「キャンペーンパレード=メッセージパレード」があります。
「麻薬撲滅キャンペーンパレード」
麻薬撲滅スローガンに、「タバコをやめましょうキャンペーン」が付加される事もあります。
果ては、「学校へ行きましょうキャンペーン」もあります。

小さいブラスバンド音楽隊を先頭にカラーの旗を掲げ、
キャンペーンメッセージの旗も掲揚しながら、市内を練り歩きます。
学生の健康増進と地域住民からの学校認知及び保護の意味合いもパレードにはあります。
学生主体のパレードの終点は、学校施設です。
学校までの道のりをパレードして歩きます。
学校に至る道を歩く事で、子供達は町の様子や変化が実際に見て知る事が出来ます。
学校を取り巻く町の環境と学校に対するmemory が重なりあい、
学生時代の大きな思い出を各人の胸の中にもたらします。(地域愛・ふるさと愛)
良き思い出が格納されます。
学校及び地域を大切に守って行く事の意味が、
パレードによって子供達の心の中に自然と育まれていきます。

タイにあって日本にないもの
(日本のどこかには存在するが、各町にあるという程ではない)の一つに、
パレードショップがあります。
安いキレや布を使って、パレード専用のズボンや服やドレスを貸し出しています。
売る事もあるのだろうが、1回切りの為、殆どがレンタル使用です。
仕入れた服もあるのでしょうが、
ショップの関係者が自作した服が大半です。
製作する為には、裁縫技能が要ります。
そういった技能を持った人のお店が、パレードショップです。
子供も美容院に行って、お母さんから化粧メイキングをしてもらいます。
少女から乙女への憧れを育む事にも、パレード参加は役立っています。
タイでは派手なカラーのドレスもOKです。
ケバケバもOKです。
カラフルで楽しい気持ちを引き出せるなら、どんな色の服もOKです。

私学小学校のパレードは、学校PRの意味合いも兼ねています。
地元地域に対する、格好の無料宣伝の場となっています。
小学校1年生になったばかりの子供の初めてのパレードには、
多くの父兄がビデオやデジカメを持って我が子の成長を共に楽しみます。

中国正月などの季節の変わり目にも、パレードは行なわれます。
伝統や行事を子供達に自然と教えて行く意味合いも、パレードにはあります。

私がかつて4年近く住んだパンコン町では、ロケット祭りが有名です。
このロケット祭りを祝うパレードは、なかなか見ごたえがあります。
小さな町が祝う大きなパレードです。
時に、遠く首都バンコクから綺麗なお姉さんがやって来ます。
前回ブログ紹介のロウのお寺パレードに、
パンコン町(ウドンタニ方向へ50キロ)からの参加があった事を書きました
(パンコン町は、同じサコンナコン県内なので例年ロウのお寺パレードに参加しています)

タイ人は、お金を余り使わずに遊ぶ事が上手です。
(過去の日本人も恐らくそうであったろうと思います)

タイ人のパレードは、日本人のよう、整然としたパレードの形ではありません。
整然としたモノを求め過ぎると色んな事が堅苦しくなり、
果ては実施そのものが困難となる傾向につながって行く恐れがあります。

タイ人のパレードは日本人の私から見れば、情け無い位にダラダラと歩いています。
日本では、「ダラダラ行進では良くない。」という見方が圧倒的にあります。

キレイに統制が取れている物事に対しては、タイ人は素直に評価します。
しかし、タイ人には何故だかつまらなく写ります。
「キレイだが、つまんない。」というタイ人の言い分は、
タイ人全体のモノの感じ方です。

よって、 ダラダラしていようと 何か楽しさが感じられる 方が、
タイ人の心には受けるのです。
このような違いがタイと日本にはあります。

これからの日本人は、
もっと柔軟な柔らかい思考、
少しのミスなら殊更ウルサク言わない寛大な心を持つようにならないと
いけないと思います。

もちろん完璧(=perfect)を求めない寛容な心優しき日本人達も大勢います。
その人達の楽しい気持ちををつぶしているのが、完璧を求め過ぎるお偉方老人?達です。

力を持っている人こそ、子供達の行いをニコッと許せる大きな心を持つべきです。
全てのstage で完璧を求めがちなのが、一部日本人の最大欠点です。

生徒や若者達の自主性に任せる大人の態度が、
子供達を伸び伸びとさせ、楽しくさせます。
若い人達の楽しみに、あまり出しゃばって口をはさまない態度が大切です。
村や町の伝統的なものにはしっかりとした保存の姿勢が必要ですが、
それを広げすぎて、主役の子供達の楽しい心にまで立ち入り過ぎる事は良くありません。

青年会の存在と言うものが、私の子供時代の思い出と大きくつながっています。
頼もしいお兄さん、綺麗なお姉さん、
子供達にとっていつかの未来の自分の大きな目標です。
人としての人生の流れを、意識しないでも自然と分かって行ける素敵なイベントが、
かつての日本には多くありました。

地域にまつわる色んな事を知っている 物知りおじいさん、
編み物や色んな遊びを知っているだけでなく料理までもが上手な スーパーおばあさん。
核家族化した社会は、
個々家庭の便利さと引き換えに、多くの素敵なモノの存在を忘却化しています。

核家族化した社会が歴史の必然的傾向であるなら、
この流れを変える事ははなはだ難しい事です。
だとすれば、核家族化傾向を前提にして、
これからの人間社会の新しいありかた・形を作り出して行かなければなりません。

行政及び地域社会は、
子ども会や青年会の育成・サポートにもっともっと
予算と人材を導入すべきであると思います。
先づ、楽しいパレードを企画して始めましょう。
パレード開催のきっかけは、長き歴史の日本には山程あるはずです。

ブログ記載:10月23日土曜日から記載
アップロード:10月28日木曜日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ45弾:出安居・後期スタート・ロイグラトゥン・日本の未来のためにパレードを実施しよう! タイ国イサーン地方サコンナコン県便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる